ホーム : 会社紹介ダイビングアイランドホッピングシュノーケリング体験ダイビングジンベイザメ スミロン島 釣りオランゴ島カヤッキングアクティビティー
 
 

セブ島観光 セブ市内観光 オランゴ島アドベンチャーツアー

ケイアイマリンダイブと観光ツアー オランゴ島観光 セブ観光 ボホール観光 セブ ツアー セブ情報 コアメン 島 クルーズ ダイブ リゾート 料金 ダイビング リゾート コアメン 島 ツアー 見所

   
  市内観光 と オランゴ島アドベンチャーツアーカヤッキング
 
オロンゴ島は従来のフィリッピンの文化と習慣を留めている平和な島です。床上げのバンブウハウス 草葺の屋根等。半日オロンゴ島ツアーは野鳥保護区、マングローブジャングル、ラグーンの浅瀬、ココナツワインの試飲、などを体験しながら三輪オートで移動します。のんびりとした平和な本来のフィリッピンの姿が手じかに体験できます。また海上レストランでは活魚や貝を料理しています。
鳥類保護区のサンドバー(引き潮で砂地が現れ、満潮でビーチに変わる)でのカヤックにてマングローブジャングル冒険は満潮時をお勧めします潮見表にてセブの満潮時をお調べの上、スケジュールをお組ください。
ご希望によりビーチでのバべキューも致します、お問い合わせください。
ホテル送迎(マクタンリゾートホテルのみ)  
  オランゴ観光
 
現地の婦人 マングローブジャング
   
 
マングローブ
   
 
トライシクル カヤッキング
 
写真集
   
  市内観光
 
セブは13世紀には東南アジアの貿易の中心地でした。1521年4月8日にフェルディナンド マゼランによって発見されます。そのスペイン征服時代の遺跡、骨董品が島島の異なる地域で見られます。 セブは現在、その歴史で先例のない経済上昇でフィリピンを導いています、中部に在りで南フィリピンの出入口であって、旅行者に注目をあびているの観光地でもあります。セブ市内観光
   
 
サンペドロ
   
 
タオイスト寺院
   
   
 
写真集


 
  Triraman
  Trimaran Yacht "Miyuki/Emily"
Diving,Snorkeling,Island Hopping,Sunset Cruising
or Trolling & Bottom Fishing Specifications
   
   
 
   
 
英語Call me
 
無料Wifi-ツアー中
メニュー
会社紹介(地図)
営業種目
ダイビング情報
ファンダイブ
ダイビング ポイント
PADIライセンス
アイランドホッピング
シュノーケリング ツアー
体験ダイビング
島々情報
航空写真
ジンベイザメと周辺の見所
釣り
スノーケルプラス
オランゴ島 カヤッキング
市内観光
アクティビティー
市内情報
問い合わせ
予約
その他
水中カメラ レンタル
シュノーケル器材と注意事項
送迎サービス
空港お迎え(早朝到着便)
口コミ
Tripadvisor
facebook logo
ブログ集
子育てセブ旅行①
子連れアイランドホッピング
友人の紹介
子連れアイランドホッピング
子連れアイランドホッピング
留学生グループ
留学生グループ
セブ島アイランドホッピング
セブ島アイランドホッピング
セブ島アイランドホッピング
ジンベイザメ ツアー
ジンベイザメ ツアー
知識
F.A.Q
フィリッピンについての知識
良い思い出で作りに役立つ
諸情報Ⅰ
各島の情報
海洋保護区
ビーチ
ホテル
天気情報
潮見表
両替
 
諸情報Ⅱ
当日予約
予約(ツアー詳細から)状況
ダイブショップ
おすすめツアー
持ち物
人気ツアー
服装
おすすめの島
半日ツアー
無人島
春休み
子連れ
家族旅行
卒業旅行
団体旅行
ラッシュガード
シュノーケル器材
ライフジャケット
危険な海の生物
ビデオ集
シュノーケリング写真
ジンベイザメ
スミロン島
ヒルトゥンガン島
ナルスアン島
ビデオ 体験ダイビング
ジンベイザメ
スミロン島
ヒルトゥンガン島
ナルスアン島
ビデオ ファンダイブ
ヒルトゥンガン島
ナルスアン島
サンタロサバイザシー
カビラオ島
スミロン島
ジンベイザメ
写真
アイランドホッピング
ヒルトゥンガン島
体験ダイビング
ファンダイブ
ナルスアン島
体験ダイビング ヒル+ナル
ファンダイブ ナルスアン島
パンダンノン島
カオハガン島
オランゴ島
ダイビング
ボホール島
釣り
市内観光
オリジナル スノーケルプラス
ジンベイザメとツマログ滝
スミロン島
カワサン滝
 
 
 
ホーム : 会社紹介ダイビングアイランドホッピングシュノーケリング体験ダイビングジンベイザメ スミロン島 釣りオランゴ島カヤッキングアクティビティー
barnner